映画脚本塾

2017年!NHK創作テレビドラマ大賞
一次審査通過「愛のコゲ鍋」
げこげこ大王28世

NHK創作ラジオドラマ大賞
ファイナリスト
「優しい指」日高真理子さん
一次審査通過  「介護帰還者カズエ」川田蛙介

映画脚本塾は今年で9年目!
実績で勝負しています!
Gilles Peyrache.jpg
花野組「映画脚本塾」毎週土曜日(月/4回)

9/ 2(土)アミカス19時
9/ 9(土)アミカス19時
9/16 (土) アミカス19時
9/30 (土) アミカス19時

受講料 月額 10.500円


映画脚本塾は全国のシナリオと小説コンペ応募が目標です
プロを目指す方、上級者向けの塾です
(同時に自主映画のシナリオ指導もしています)

受講生のシナリオを、全員で読みディスカッションし、
講師からの講評をまじえてリライト(書き直し)
を繰り返します

「書く持続力」を育成し、確実な実力を身につけます!

アミカス.JPG

お申し込み方法
① 下記のメールに必要事項を記入してお送り下さい
 ・氏名 
 ・電話番号 メールアドレス

miu@hanano-j.com

② お電話での受付も可能です

070−5690−1258

③花野組事務局にて参加申し込みを受理した後、
 花野組の口座番号をご連絡いたします

*参加費をお振込み頂いて、受付完了となります
授業の内容等、その他なんでもお気軽に、
メールかお電話でお問い合わせください

ハガキ.jpg

主催 花野組 福岡
後援 福岡市・ 福岡市教育員委員会
(公財)福岡市文化芸術振興財団

2016年も大奮闘!

南のシナリオ大賞(一次審査通過)
徘徊者コレクター」 山下蛙太郎
「同窓会で何かが起きる」 日高真理子

第4回シノプシスコンテスト
(一次審査通過)
「お前のせいだがお前のおかげ」
古閑夏実

シナリオS1グランプリ(奨励賞)
町田奈津子「前世旅行」

フジテレビヤングシナリオ大賞(一次審査通過)
「クロユリマジナイ」梶塚芽衣

周南映画祭「松田優作賞」
(最終候補)
「黒いチューリップと桃」
ゲコゲコ大王二十八世

2015年プロデビュー届く

南のシナリオ大賞
(福岡市長賞)
「孫をこうのとりに返した男」高岸誠二
(佳作)
「カフェ・コトリ」日高真理子
1次審査6名通過!受賞2作品

JFN学生ラジオドラマコンテスト
(最優秀賞)末松孝文

沖縄本格お化け屋敷コンテンツ大賞(最終審査進出)
「海底2千メートル廃坑の迷宮」ゲコゲコ大王二十八世

創作テレビドラマ大賞
(第一次審査通過)
「ふたりの薔薇の庭」日高真理子
「かぞくの弦」古賀千代

創作ラジオドラマ大賞(最終審査進出)
「無愛想うどん」げこげこ大王二十八世

第一次審査通過4作品
「無愛想うどん」げこげこ大王二十八世
「はざま川」町田奈津子
「人体ワット数」前田まゆ
「ガレキのホタル」花野孝史

2014年は女流作家塾が躍進

映画脚本シノプシスコンテスト(最終選考作品)
「アン ドウ トロワ」日高真理子さん

2013年 ついに映像化!

福岡ワンミニットフィルムコンペティション
(優秀賞受賞)
「博多手一本にやり直しはない」ゲコゲコ大王18世さん
テレビ朝日新人シナリオ大賞(第一次審査通過)
「満月の蛻」石田日都美さん
NHK創作テレビドラマ大賞(第一次審査通過)
「駄菓子屋寄席にて」馬場貴生さん

2012年 初プロデビュー!

周南絆映画祭/松田優作賞 (優秀賞受賞)
「川筋男貫徹炭坑節命」げこげこ大王二十八世さん
NHK創作テレビドラマ大賞第一次通過)
「虹の彼方」馬場貴生さん
AKBラジオドラマ劇場(準レギュラー)
「桜満開ハイタッチ」本山久美子さん
NHK創作ラジオドラマ大賞 (最終選出)
「魚ごっこ」本山久美子さん

2011年 有名コンペに続々入賞!!

函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞(一次通過)「HONEY MOON」桑野愛子さん
NHK九州劇場シナリオコンクール (最終選出)
「ピース」高村剛志さん
テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞(一次通過)
「かぞくの弦」古賀千代さん
フジテレビヤングシナリオ大賞(一次通過)「Re☆Live」桑野愛子さん
AKBラジオドラマ劇場(プロデビュー)
「肉まんの友」「ミライのアクシュ」本山久美子さん

2010年 シナリオコンペで大奮闘!

南のシナリオ大賞(福岡市長賞)
「喫茶犬」本山久美子さん
函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞(最終選出)
「クラゲの骨」本山久美子さん

2009年 初・最終選考進出!

NHK福岡九州劇場の最終選考に、八木茂木さんの脚本が選定されました。映画脚本塾、第一期生の最終進出は大きな希望になりました。

2008年 映画脚本塾、開講!!

実験的な開講でしたが、多くの受講生の参加で活気溢れる塾でした。「書く」という孤独な作業を共有し、大きな作品を生み出す場へと発展しました。