花野純子BLOG 2016年11月

北九州芸術劇場2度目

DSC07462.JPG

2016年11月30日(水)

私、花野PD、舞監Y子と再度見学へ。劇場の天井が要塞みたい。9月の劇場とは大きく違います。この後、北九州市役所へご挨拶に行き「かかしうどん」にたどり着いたのは夕方4時過ぎ。長旅でしたが、北上公演の稽古しとかなきゃね。

まだ風邪が残っている

DSC07235.JPG

2016年11月29日(火)

若松の教会のツリーです。紆余曲折あって明日も北九州芸術劇場へ見学へ行きます。最近再びヒマになって今日もグダグダしてました。あの喧騒さはなんだったかなあ。安心してダラダラ風邪をぶり返している日々です。

わたしがオジサンになっても

DSC07577.JPG

2016年11月28日(月)

北九州芸術劇場の主役は、ミュージックシティの「僕」とは違うでしょう。大人になっているのであります。そしてヒゲを描くにも眼鏡ナシじゃ見えない老眼ですがまだオジイさんじゃないと思う。サイコシスの次回にご期待下さい!

来月は「創作ラジオドラマ」短期ゼミ開催します!

ゆき.jpg

2016年11月27日(日)

毎年恒例ですが、ネスカフェバリスタを分解して洗浄。素人には酷な難解さです。でも…作家には珈琲も砂糖も必要だもんね!飲み放題で書こう!まずは一次審査通過を目指しましょう、授業後は補講もします(もちろんタダ)張り切って書こう!

博多駅は「☂」

DSC07561.JPG

2016年11月26日(土)

赤い自転車を買った花野PD。でも私の買い物はツケ髭だと、東急ハンズなど物色しました。そして今、珍しくシナリオ描いてる私はファミマの2階カフェへ。おしゃれだけどココは床が薄くて地震みたいに揺れながら書いてる。

赤坂を通って

DSC04844.JPG

2016年11月25日(金)

サイコシスの舞台が北九州の劇場に決まりそうで、そこでの主役は黒髪の短髪のイメージがあったのです。冒険ですが実行しました。ただ座ってて切ってもらっただけなのに大仕事した気分。鏡の中の自分が別人過ぎます。

美しい冬空

DSC07539.JPG

2016年11月24日(木)

学生から毎週「映画に出て下さい」と言ってもらってます。ありがとうよ。脚本を読んでからね。学校終わってから、車中でサンドイッチ食べながら花野家実家へ。帰る家があってありがたいです。ご馳走食べて帰宅。

CROWN CAFE

カーネーション.jpg

2016年11月23日(祝水)

特別な昼食会がありました。楽しかった。全日空ホテルのステキなカフェで。大きなクリスマスツリーは毎年見ていたけど、ここで食事した事はなかったのです。

風邪ひきっぱなし

DSC07533.JPG

2016年11月22日(火)

喉の調子が悪いので、無理なく稽古しようとシーンごとに稽古してたら、昼食時に「僕(主役)が成長しておじさんになったバージョンでどうか」とアイデアが出ました。いいかも。私が考えるオジサンへ挑戦してみます。

北九州芸術劇場へ

DSC07452.JPG

2016年11月21日(月)

「4時48分サイコシス」上演のため、北九州芸術劇場に見学へ。じわじわ北上している我々。驚いたのは照明の数です。前回の教会公演ではLED照明4台がメインでした。ここは小劇場でも120発!さすがです。

ハリウッド映画「アウトサイダー」に!

DSC02737.JPG

2016年11月20日(日)

知り合いの玄海椿先生が、時間ギリギリまでエキストラを捜していらっしゃって、花野PDが、その条件に該当してたのです。門司港の撮影現場はカジノになってて50年代のサラリーマン役だったと…主役の隣で賭け事をしたらしい!

風邪が流行ってます

DSC07437.JPG

2016年11月19日(土)

映画脚本塾もお休みの方が多いです。今日は出席者3名。しかしプロットの出来は良くなってます。この勢いを来月の「創作ラジオドラマ」へぶつけて欲しいです。

NHK創作ラジオドラマ大賞へ向けて短期ゼミ開催!

珈琲カップ.jpg

2016年11月18日(金)

詳細は「映画脚本塾」のページをご覧ください。ラジオドラマの〆切は1月10日です。まずはラジオドラマを書いて応募してみませんか?花野組の「映画脚本塾」短期ゼミではこれまで数々の結果を出しています。この機会に是非!

ミュージアムゴースト

myu-jiamugo-suto .jpg

2016年11月17日(木)

映像学科へ復帰しました。帰りは陥没後の埋め立て道路をわざわざ通って博多駅へ。おしゃれな文房具のスミスで、来年のダイアリーを購入。蜂の巣柄です!

風邪後、復帰

DSC07405.JPG

2016年11月16日(水)

声はまだ治っていませんが。筋肉もたった1週間稽古を休んだだけなのに、おちて細くなったと指摘されました。厳しい、現状維持ができるのも当たり前じゃないな。でも年内に北九州公演に向けて新演出完成させないとね。

北九州の戸畑へ

眠.JPG
昼食後、まるで眠りそうだったのですが。
戸畑.JPG

2016年11月15日(火)

北九州で来年舞台公演をするにあたって、劇場を再検討してて、今日は若戸大橋も通ったのです、楽しかったけど、やはり交通の便はベストではないですね。帰りは更に資さんうどんでオハギも食べて、体力を回復中です。

もう11月中旬

DSC05930.JPG

2016年11月14日(月)

11月に入って忙しかった日々でしたが、風邪も収束しそうでぶりかえさないようにしなければ。そしてまだストーブつけてない。コロもお留守番ばかりの11月でした。夕食は久々に鶏胸をさばく。ノロノロです。

晴れやかな日

DSC06464.JPG

2016年11月13日(日)

イベント本番無事終了しました。病み上がりでベストではありませんでしたが、何とかなりました。そしてとても楽しかったのです。帰りに家族3人で筑後川の夕陽を見ました。河原の石と水が光ってキレイだった。

ヒロシマも休む

DSC02719.JPG

2016年11月12日(土)

演技講師は主人に代行してもらいました。声が治らないからです。明日はイベントの本番です。荷物や小道具をチェック。でも声をやられるとは一番の不備です。

映画脚本塾へ

ホドロフスキー映画.jpg

2016年11月11日(金)

声は治ってないけど塾へ行きました。深田監督のWSで得た事もあります。話はまとめておかないと。良い意味で身近に感じたこともありましたし、地方ならではの意識の低さも浮き彫りになりました。九州から飛び出していく意味を考えたいと。

声が出ない…ので休講!

DSC05638.JPG

2016年11月10日(木)

ショックです。学校を自主的に休講した事ないんですから。昨日の稽古中、声が出なくなったので週末の本番を考えると…うう、休みます。火曜はサイコシスの稽古まで休んだのに。ここ数週間きつかったけど、風邪ひいたと認めます!

歌舞伎十八番

DSC06554.JPG

2016年11月9日(水)

コレに水泳帽をかぶりその上から薬売りの帽子を被ります。白塗りは海外のバンドみたいになってしまいやめました。週末のイベントで「外郎売り」を演じます。暗記はしてるけど果たして無事に見せ物になるか心配なのに、なぜか必勝。

博多まさかの陥没

海.jpg

2016年11月8日(火)

2週間ほど前学校帰りに、陥没した道路を自転車で通りました。信号待ちで「道路が薄い」とふいに思った私は、2メートルほど自転車を後退させ信号を待ちました。たいてい恐がりだと内心自分を笑ってたけど本当に薄かったの?!

オニギリの鰹節をくれ

DSC06649.JPG

2016年11月7日(月)

日常が戻り風邪も軽くすみそうだと思ったし今日は休みなのでのんびりしようと。

鹿児島晴天

DSC02697.JPG

2016年11月6日(日)

がっつり風邪ひきました。主人は鹿児島、私は専門学校に仕事に行きました。もう…緊張してたんですね、ずっと。ようやく安心して風邪ひけたという事です。潜伏期間も長かったなあ。調子悪かったし。逆にホッとした。

深田晃司監督の映画WS開催!

3人.JPG
左から深田監督、私、小野川浩幸さん。照れくさいんですかね、私は真ん中で。
集合.JPG
懇親会後、一同で記念写真。

2016年11月5日(土)

この日を無事迎えられた事を感謝します。お忙しい中の深田監督、小野川さんの来福。また参加者の皆さんからも多く「ありがとう」の言葉を頂き、うれしかったです。たった1日のワークショップでしたが、期待通りの手応えでした、皆さん本当にありがとう!またお会いしましょう。

深田監督映画WS開催に向けて

DSC06536.JPG

2016年11月4日(金)

昼過ぎまで事務的な作業が続き、夕方から小野川PD(映画「さようなら」のPDで「淵に立つ」では音楽)と西通りスタバで待ち合わせ。昨年の深田監督PVロケ以来の再会で雑談をまじえて終了。満を持して明日を迎えます。

秋の晴天

DSC06469.JPG

2016年11月3日(木祝)

爽やか。家族で出掛けたのです。

兄弟ネコ拾われたか…。

DSC06276.JPG

2016年11月2日(水)

大人から子供まで、ひっきりなしのギャラリーだったのですが、最近見かけません。私は昨日また左肩寝違ったか。でも自転車でマルキョウへ。黄昏時の下町を駆け抜けて、平常心に戻りたいわけです。

深田晃司監督、博多で待ってます!

深田監督.jpeg

2016年11月1日(火)

たくさんのご応募ありがとうございました。定員に入りきれずお断りした方ごめんなさい。多忙な深田監督に「もう一度、博多に来たい」と思って頂ける様に、感謝と情熱を持ってお迎えできればと思っています。

milk_btn_pagetop.png

花野純子ProfileLinkIcon